内臓と「味」の関係

人それぞれ好き嫌いはありますよね。味もその一つです。そしてこれまた内臓と深い関係があります。 五味と言います(甘、酸、塩辛い、苦、辛)。 簡単に関連を説明すると、

甘味 … 胃・脾

酸味 … 肝・胆

塩味…腎・膀胱

苦味…心・小腸

辛味…肺・大腸

となります。例えば、胃が弱っている方は甘い物が欲しくなる、又は甘い物が嫌いでほとんど口にしないと言うようになります。

ただし、適量というものがあります。ほどよく摂取すると胃・脾が潤いますが、摂らなければ弱っていきます。大量に摂ると糖で体は冷えますし、血が汚れてしまいます。

他の味でも同じような事が言えます。 そしてこれを摂ったからと言って病気が治るというものでもないと言う事です。日々の生活で少しずつプラスになるかなぁ〜位に思って下さい。