脊柱管狭窄症の男性

50代後半の男性。

駆け出しの頃に来院した重症の患者さんでした。先輩にお願いして逃げたくなるような状態でした(^_^;)

歩くと激痛で5分も歩けなく、脂汗ダラダラです。

病院に行ったら「脊柱管狭窄症、手術で半年で治る」と診断されたそうです。手術はイヤだと断って、整体を捜したそうです。

早速触診したら、腰椎が右にひどく側弯しています。右の背中が腫れ上がっています。

肝が元になってる腰痛です!とにかく内臓から肝・腎・胃をほぐし背中、腰、臀部(特に右)をほぐし、骨盤も右が上がっていたので、そこと腰椎側弯の矯正をしました。

ひどい状態だったので、最初は週3回位来院してもらい、徐々にコリはほぐれ、痛みも減ってきました。しかし、腰椎側弯だけは全然ビクともしません。

そんな中、3週間位経ったある日、普通にスタスタ歩いてきました!

あれ?どうしたんですか?…思わず聞いてしまいました(^_^;)

今日はなんか楽なんだよ!という事で触診したら、腰椎が真っ直ぐになっていました*\(^o^)/*

コリがほぐれたので、寝てる間に寝返りで矯正されてしまったようですね(^_^;)

その後は、状態が安定するまで週に1〜2回来院してもらい、2ヶ月後のマラソン大会5キロの部で完走できた!と喜んでいました。

脊柱管狭窄症はどうなったか分かりません。しかし、仕事で歩き回ったりお孫さんと野球をやったりしても全く問題ありません!

その後は、2週間に1回施術を受けに来院していました。