当院の特徴・内臓テクニック

【他の整体との違い】
内臓をもみほぐす整体など、聞いたことがない人がほとんどだと思います。これは極理式整体の考え方が他の整体やカイロプラクティックなどと根本的に違いますし、他には無い施術方法だからです。
一般的には、
骨格の歪み → 筋肉のコリ → 内臓の弱り
という順序で悪くなると言われています。

極理式整体は、
内臓の弱り → 筋肉のコリ → 骨格の歪み

と、全く逆です。それゆえ痛みは内臓が疲労した後出るので『痛みは取るべきものではない』という結論に至ります。

弱っている、疲労している臓器を活性化させることで中心部から血流が良くなります。それが全身に広がり、こり固まっていた筋肉が少しずつほぐれはじめることで左右のバランスが整ってきて、極端な歪みでなければ骨格も改善してきます。
このように、『痛みは取れるもの』となります。根本原因が無くなれば、その結果もおのずと変わってきます。
内臓が改善されていないと、痛みを取ってもどんどんサインを出してくるので、同じことを繰り返すのです。

また、人間の身体はストレス、飲食の不摂生(冷たい物の取り過ぎ)、セックス(又は自慰行為)の過多、寝不足、過度の労働等により、自己修復能力(ホメオスタシス)の限界を超えると内臓の筋肉が硬くなり、内臓の機能に異常をきたします。生活習慣で悪いところを直す事も必要不可欠です。

【内臓テクニック(特許庁登録商標4694035号)】
痛みやコリは内臓の弱りのサイン(警告)として捉え、内臓の機能を回復させる根本療法です

この内臓テクニックは、内臓を直接指腹で押圧し施術する方法で、自己修復能力(ホメオスタシス)を高めることにより、血液等の循環が促進し、内臓の機能が活性化されると同時に、痛みやコリなどの不快な症状も消え、根本が改善され再発しにくいという技術です。

また、精神的な症状(うつ病、ノイローゼ等)も実は内臓から起因していることが多く、内臓テクニックはこれらの症状にも有効です。
心身両面の健康に内臓テクニックは効果絶大な療法と言えます。